マンション売却 成功

マンション売却を成功させる9のポイント

マンション売却はポイントを押さえて活動すればまず失敗はないでしょう。ここではマンション売却を成功させる9のポイントを紹介します。

 

  1. 時間的余裕をもつ
  2. 売却の得意な不動産会社に依頼する
  3. 高すぎる査定額は疑え
  4. 売出価格の設定は慎重に
  5. 値下げの許容範囲を持っておく
  6. 担当者としっかりコミニケーションをとる
  7. 内覧時に部屋はとにかく明るく見せる
  8. 不動産会社は必ず複数社に依頼すること
  9. 最低限の不動産知識は頭に入れておくこと

 

時間的余裕をもつ

不動産売却は時間的に余裕がないと失敗の元です。不動産に限ったことでは無いのですが全てにおいて焦る事は判断ミスを起こしますし的確な状況判断もできません。しかも不動産の場合は足元を見られてしまう恐れもあります。このようにして不動産売却において焦って安く売却してしまうことを「売り急ぎ」と呼ばれてます。反対に焦って高値で購入してしまうことを「買い進み」と呼びます。マンション売却は意外に時間がかかります。順調にいっても3ヶ月は売却期間でかかってしまいます。ですのであらかじめ時間を持って計画的に売却活動をするのをお勧めします。

 

 

 

 

売却の得意な不動産会社に依頼する

不動産会社と一言で言っても売買、管理、賃貸、リフォーム等細かく職種が分かれてます。また売買をとっても購入専門の不動産会社だったり、投資物件専用やビルやオフィス、テナントに強い会社など得意分野が異なってきます。
戸建てやマンションでも査定のチェックすべき項目が全然変わってきますので、必ずマンションならマンションの売却に得意な会社を選ぶことが絶対条件です。売却はお金になるのでたとえ売却が得意ではない会社でも普通に引き受けてもらえるケースがあるので注意が必要です。売却に強い会社が見極めるポイントは過去の売却実績数を見れば大体わかります。少なくとも過去2年以内にマンションならあなたの売却エリアで売却実績がある会社を選びましょう。もちろん売却実績は多ければ多い方が良いです。

 

 

 

 

 

高すぎる査定額は疑え

査定を複数社に依頼するのは不動産売却においてセオリーですが、査定額だけで選んでは絶対にNGです。なぜなら仲介による不動産売却は査定額=売却額では無いからです。わざと適正価格より高く査定を出して契約を取りに来る会社も残念ながらあります。高値の査定額で売り出しに出しても当然売却することができず後々値下げせざるを得ない状況になります。売り出し直後の一番の売却チャンスをみすみす逃してしまうことになります。

 

見極めるポイントは複数社に査定を依頼出して全体的な価格帯を把握すること。そしてしっかり各不動産会社の査定の根拠を明確に教えてもらうことです。

 

 

 

 

売出価格の設定は慎重に

自分の愛着のある家ですからどうしても少しでも高く売りたい気持ちはわかりますが、相場より明らかに高いとまず売却する事は厳しいでしょう。今はネットの時代ですので近隣周辺の売却事例や適正価格等が容易にに把握することができます。しっかりと適正範囲内での高値で売り出しをしましょう。売り出し直後と言うのは実は1番買主が注目してる売却できるチャンスなのです。しっかりと適正範囲内で売り出しをするのが早く売却できる鉄則です。値下げすればいいやと言うつもりで売却活動していると売れ残りになってしまう可能性があります。不動産も野菜と同じ旬なものと考えてください。売り時を逃してしまうとなかなか適正価格ですが売却できなくなる恐れがあります。

 

※どうしても高く売却したい場合は適正価格より1割程度に抑えておきましょう。

 

 

 

値下げの許容範囲を持っておく

あらかじめ値下げの許容範囲を持っとく事はとても戦略的に重要なことです。例えば相場が3000万円の物件を3300万円で売り出したとしましょう。そこで3100円なら購入する見込み客が現れても、100万円しか値下げをしないかったらせっかくの見込み客も購入に至りません。
値下げの許容範囲を3000万円に設定しておけば、迷うことなく早く売却することができます。あらかじめ値下げの件範囲を持っておくと有利に売却活動が行えます。最低売却価格を決めていない場合は、売却チャンスを逃しズルズルと値下げしてしまい、相場よりも安くなってしまう恐れもあります。

 

 

担当者としっかりコミニケーションをとる

しっかりと定期的にコミニケーションをとっておかないと信頼関係が気づけず良い売却活動ができません。担当者から見てもなんで1つ疑問も質問、要望も言って来ない楽な売主と足元を見られる可能性もあります。良い関係とはお互いの意見がしっかり言える環境があることが重要です。ある程度、要望を言ったり話し合いをする事により、良い緊張感が生まれしっかりと積極てきに売却活動をしてもらうことができます。担当者も複数の案件を抱えていることがあり、あまりにも静か過ぎるお客様だと営業活動も後回しにされることも考えられるからです。どうしても声が大きい人に優先順位が行きがちなのが人間ですからね。

 

 

 

内覧時に部屋はとにかく明るく見せる

内乱時部屋が汚いと言うのは致命的です。購入意欲を下げる行為は不動産においてはますます売れなくなる原因の1つです。内覧時は部屋をきれいに整理整頓しピカピカにしましょう。特に水回りは少しでも切汚いと印象が悪くなるので名前によっては専門業者に掃除を依頼することも有効な手段です。また、晴れた日はレースも開けておもう存分太陽の光を取り入れましょう。電気は昼間でも全てつけとくのが基本です。少しでも明るく見せるため古い電球は新しい電球に変えるだけでもかなり印象が変わります。最後に不要な荷物は全て撤去して少しでも部屋を広く見せることが印象を良くする大きなポイントとなります。

 

 

不動産会社は必ず複数社に依頼すること

不動産売却の最大の成功のポイントはいかに良い不動産会社を見つけるかで決まります。そこで重要となるのが複数の不動産会社に査定を依頼することです。ポイントは査定額だけではなく対応、販売プラン、保証内容、担当者等総合的に判断することです。また査定を依頼する会社は大手不動産会社地元密着不動産会社、地元で評判の良い会社などタイプの異なった会社に査定を依頼する事です。便利なのが不動産一括査定です。不動産一括査定ですと玉屋時間をかけずに簡単に複数社に査定を依頼が来るのでぜひ活用してみると良いと思います。

 

 

最低限の不動産知識は頭に入れておくこと

最低限度不動産売却の知識は頭に入れておかないと自分が今何をやってるのかもわからないくなり不動産会社の言いなりになってしまう危険があります。不動産会社と打ち合わせや話し合う機会は今後いろいろ出てきますので最低限の知識がないと話し合いすらもできかねます。あまりにも知識がないと囲い込みされたり、不必要に値下げをして早く売却させられる事もあります。最低限不動産売却の全体の流れと用語程度は覚えておきましょう。

 

 

 

まとめ

不動産売却を成功させる9つのポイントを紹介してきました。見てわかる通り裏端材もなく基本的な事がほとんどです。逆に言えばそれが基本的なことをやらないと不動産売却を失敗で終わらせてしまう可能性もあります。どれも難しい事は何一つないので上記に挙げた最低限の9つのポイントは押さえておきましょう。これらのポイントを押さえるだけでまず売却に失敗する事はないです。