自宅売却 不動産屋 選ぶ

不動産屋選び
不動産を売却するときに一番大切なことは何かご存知ですか?
それはずばり、不動産屋選びです。

 

不動産屋さんが信頼できなかったり、販売活動をきちんと行ってくれなかったりすると、自分が大損を被ることにもつながります。そんなことがないためにも、不動産屋さんはしっかり選ぶことが重要になってきます。

 

では不動産屋さんをきちんと選ぶためには、どういった項目がポイントになってくるのでしょうか。そこで不動産屋さん選びの際に参考にしたいポイントやコツ,基準についてご紹介します。

 

 

 

不動産を売却したい!成功も失敗も不動産屋さん選びできまります。

不動産を売却したい!

 

どうせ売るなら高く不動産を売却したいものですよね。しかし、一個人が買い手を見つけるのは至難の業でもあります。そこで登場するのが不動産屋さんです。多くの不動産を扱う不動産屋さんなら、買い手を見つけるのも得意ですし、取引を行うための手続き手順などを熟知しているものです。

 

しかし、すべての不動産屋さんが優良企業であるとは限りません。販売戦略が得意でない企業だったり、手続きに時間がかかってしまったりするような不動産屋さんも存在します。

 

そういった不動産屋さんを選んでしまうとどうなるか。最悪、不動産の相場より大きく損をして売買契約を結ぶことにもつながりかねません。たくさんの不動産屋さんに査定を依頼する分には構いませんが、いざ媒介契約を結ぶ不動産屋さんは、信頼できる優良企業であることをきちんと確認しましょう。

 

 

不動産屋さんを選ぶときのポイントやコツ

不動産屋さんを選ぶときのポイントやコツ

 

@免許番号や実績を確認してみよう

実は、不動産屋さんにも免許というものがあります。それが宅地建物取引業の免許です国家資格でもある宅地建物取引業がないと、不動産屋さんは不動産売買ができないのです。しかし、中には免許がないのに不動産売買を行っている悪徳業者もあるようです。

 

こうした悪徳業者にひっかからない為には、この宅地建物取引業の免許があることを確認し、番号や行政処分が過去に行われていないか確認してみましょう。ちなみに、宅地建物取引業の免許番号は、その免許を交付している建築物関係を取り扱う公共団体で照会することが可能です。

 

尚、ここまでしなくても実績さえきちんと多数あるような不動産屋さんであれば、免許を持っていると判断することもできます。大手企業の不動産屋さんだったり、中小企業でも地元でも人気のある不動産屋さんなどは、不動産売買実績もノウハウも豊富に持っているはずです。

 

A大手企業か中小企業かはとくに関係ない

不動産屋さんを選ぶとき、みなさんも名前が広く通っている大手企業をついつい選んだりしていませんか?実際、大手企業が運営している不動産屋さんは、抱えている顧客も多いですし宣伝広告への力の入れようがすごいので売り出し活動にも定評があります。しかし、なにも大手企業だけを選ぶことが賢い選択方法というわけではありません。地元の中小企業である不動産屋さんを選ぶメリットも実はあるのです。

 

例えば、地方などいわゆる田舎であれば、大手企業の目があまり届いていないということもよくある話です。そうなると、やはりその土地に強いのは地元のことを熟知している中小企業ですよね。しかも、地元の中小企業なら、大手企業のように完ぺきなマニュアルが存在しないこともあります。そうなると交渉もがしやすい、特別扱いをしてくれるなんてことももしかしたらあるかもしれませんね。

 

つまり、不動産屋さんの規模だけにポイントを置いて選ぶのは、大きな間違いなのです。大切なのは、自分が売却したい不動産に強い不動産屋さんを選ぶか、これに限ります。

 

ちなみに、家を買い替えることが既に決まっているという人は、新たに売却するためだけに不動産屋さんを探すよりも、新居選びでお世話になった不動産屋さんにお願いするのも1つの手です。

 

新居選びで売却が出来ないと話が流れてしまいます。ですので売却先を探すのも本気で探してくれることが期待できます。また、手続きもスピーディーに進むことでしょう。手数料などの値引き交渉や、支払い時期の交渉もしやすいといったメリットがあります。

 

〜ポイント〜
地元の中小企業による不動産屋さんでも、全国的な売り出し活動が可能なサイトが実はあります。それが、不動産流通機構という国土交通省から指定を受けている団体が運営するインターネットサイト「レインズ」です。不動産屋さんは、企業の大小にかかわらず同じように不動産の売却情報をそこに登録することができるので、多くの人に広く情報を知らせることができます。

 

 

B不動産屋さんの特徴をしっかり把握しよう

不動産屋さんの特徴は、何も大手企業か中小企業家といったものだけではありません。取り扱っている業務内容もその不動産屋さんの特徴になります。
例えば、一概不動産屋さんといっても、マンションや建売物件を扱う分譲業を中心に行っている会社もあれば、中古の不動産物件や競売にかけられているような物件を買い取って販売する会社、さらには売却希望者と購入希望者の仲介に入る媒介業を中心に行う会社など、実は様々なのです。不動産売却を依頼する場合は、その中でも媒介業務を行っている不動産屋さんを選ぶことになります。

 

もっと細かく言うと、媒介業を行っている不動産屋さんの中でもどういった物件に強い不動産屋さんなのかを確認することが大切です。例えば、土地、マンション、戸建と、あなたが売りたい所有不動産に強い不動産屋さんを探してみましょう。

 

C一括査定を利用してみる

もっとも簡単手軽に不動産屋さんを選ぶことができるものが実は存在します。それがインターネットの不動産一括査定サイトです。

 

不動産一括査定サイトでは、運営している企業が独自に選んだ全国の不動産屋さんと契約を結んでおり、査定をおこなってくれます。
机上査定では主にその不動産の相場を基準におおよその査定を出してくれます。

 

さらに、一括査定では複数社からの査定をもらうことができるので、いちいち多くの不動産屋さんに連絡をとって査定を依頼しなくてもよいのです。
一括査定後は、その中でも気になる査定をだしている不動産業者に連絡を取り、実際に合ってみて信頼できそうか判断することができるので、一括査定はとてもよい判断基準にもなるのです。

 

ちなみに、一括査定をもとに不動産業者を選ぶ際は、査定額の高さだけを基準にして選ぶのは得策ではありません。
1社だけあまりにもかけ離れた金額を付けてる業者は、実際に売れるか分からないような金額を出して契約を結ぶことだけを考えている可能性があるからです。そういう会社は数カ月まで売れ残り、販売価格を下げる可能性は高いです。不動産一括査定では複数の業者が査定してくれますのでその平均が適正価格と考えて良いと思います。

 

査定額があまりにも高い場合は必ず一度連絡を取ったら、査定額の根拠や販売戦略を聞いてみるのがよいでしょう。
信頼できる不動産屋さんなら、親身になってあなたの話を聞いてくれるほか、わからないようなことでも親切丁寧に教えてくれるはずです。

 

〜ポイント〜
不動産屋さんと結ぶ媒介契約、実は大きく3つの種類に分けられるのです。

 

・専任媒介契約
・専属専任媒介契約
・一般媒介契約

 

専任媒介契約と専属媒介契約は、あなたと1社の不動産屋さんとで契約が交わされます。そして一般媒介契約はあなたと複数の不動産とで契約を交わすことができます。

 

それぞれメリットデメリットがあり、専任媒介契約と専属媒介契約は、1社との契約のためじっくりとあなたの要求をお願いすることができます。ただし、3か月で契約期間が満了するため、この期間中しっかり販売活動を行ってくれないような不動産屋さんであればムダな期間をすごすことにもなりかねません。

 

一方、一般媒介契約は複数の不動産屋さんに幅広く販売活動をしてもらえますが、ほかの不動産屋さんにもお願いしている人だと判断され、積極的な販売活動をしてもらえない可能性も出てきます。

 

媒介契約に関しては一概にどれがいいとは言えませんが、例えば不動産屋さんによっては専属媒介契約や専任媒介契約に買取保証システムを導入していることもあります。買取保証システムでは、あなたの不動産が万が一売れなかった場合、相場よりは低くなりますが不動産屋さんが買い取ってくれるといった内容のサービスを付けていることもあります。

 

 

まずは一括査定を利用するのがおすすめ

一括査定を利用するのがおすすめ
いきなり不動産屋さんに行って本査定を依頼するとなると、断るときに気まずさを覚えることもあります。そうならないためにも、気軽に机上査定してもらえる不動産一括査定サイトを利用してみましょう。

 

信頼できる不動産一括査定サイトなら、断るのも簡単ですし何より面倒なやりとりがありません。また、複数の不動産屋さんを目で見て比較できるのは本当に便利なことです。

 

そのいくつかの不動産屋さんのなかから、信頼できそうな不動産屋さんを選ぶほうが、足を運んで1件ずつ不動産屋さんを周りよりもはるかに時短でき、簡単です。あなたがお得に不動産を売却するためにもぜひ、不動産一括査定サイトを上手に活用してみてくださいね。